奄美民謡 島唄 らんかん橋節

奄美民謡 島唄
奄美は月に35日降ると言われるほど雨が多い.雨が降ると大水が出て、川は白く濁り、橋が流され、人々は難儀する。その情況を歌いながら、恋人や妻たちの嘆きを歌った情歌となっている。

コメントを残す