諸鈍長浜

諸鈍ぬ長浜に 打ちゃげ引く波や

ヒヤルガエハレ

諸鈍ぬ美童ぬ笑い歯茎

・諸鈍ぬ美童や 雪ぬゆな歯茎

ヒヤルエハレ

何時が夜ぬ暮りぃてぃみ口吸おうか

・諸鈍ぬ長浜や 大和がでぃ響(とぅゆむ)む

ヒヤルガエハレ

諸鈍ぬ美童や 島中響む

・浦々ぬ深さ 諸鈍ぬ浦ぬ深さ

ヒヤルガエハレ

諸鈍ぬ美童ぬ 思めぬ深さ

・諸鈍ぬ長浜ぬ いきゃながさや
あてぃむ ヒヤルガエ

いけーじながーはーまぬ うぇやーてぃだぬ

・いてぃむ きゅうぬ ぐとぅに ありば

玉黄金(たまくがね) ヒヤルガエ

のちーにくぬしのぎ わがゆ とゆり

↑下二つは耳コピ要先生に確認

・あぬ雲を見りぃば 風連れてぃ行きゅり
吾ぬや加那連れてぃ 行きやならぬ

(あの雲を見ていると風に吹かれて動いていく
私は恋人を連れて行くことができない)

・あぬ雲ぬ下に加那が うもりゅんち思めば
雲や押しはねてぃ 抱ちゅてぃ見欲しゃ

(あの雲の下に恋人がいると思えば
雲を押し払ってでも恋人を抱いてみたい)

コメントを残す

前の記事

嘉鉄ぬいなくん主

次の記事

足習(あしなれ)